12連休あっという間

あんなにあった冬休みももう少しで終わると思うとすごく悲しい。
今回の冬休みはゼルダの伝説BotWばっかりやってる冬休みでした。
(あれだけやったのに、まだ神獣一体しか解放していない・・・・)
明日からの仕事は気が重いですが、今日は早く寝て明日に備えます。

2017年まとめ

1月
修論を書かねばならないのに、やる気が出ず
・しかし、もう一度就活はしたくないと思い書くことを決意
・一週間研究室で過ごすことに

2月
・なんとか修論を書き終え提出
・発表もなんとか乗り切る。しかし、質疑応答で間違いがあったことを発表後に指摘される

3月
・引っ越し準備に追われる
・卒業式も遅刻したが出席する

4月
・新社会人になる。毎日研修
・基本情報受けるも撃沈
TOEICも受けるが撃沈

5月
・GWの休みの多さにビビる。
・平日は毎日研修

6月
・配属、仕事が始まる

7月
・初のボーナスでテレビとPS4を買う
・大画面でゲームするの楽しい

8月
・夏休みもけっこうあった。

9月
・平日仕事、休日はニーアオートマタ。
TOEIC受け、人並みの点数になる

10月
・基本情報受験(ギリギリ合格)
・switchを衝動買い

11月
・iPhone8に機種変
・ほぼ毎日残業

12月
・11月に引き続き残業の毎日(残業45時間)
・初の休日出勤も体験
ゼルダの伝説BOWが楽しい

以上。

NieR:Automata 感想

前回のブログでSwitch買って喜んでいましたが、7月くらいにPS4上記のソフトを買ってちょくちょく進め、ついに先日Eエンド(トゥルーエンド)を観て一段落したので、忘れないうちに感想を書いていこうと思います。

続きを読む

衝動買い

来週の飲み会で使うものを探しにヨドバシカメラに行ったら、Switchが売っていたので、思わず買ってしまった。
前々から欲しいなとは思っていたけど、品薄っていろいろなところで言ってたから買うのはまだ先かなと思っていた矢先にまさかの遭遇。
追っかけてない時に急に草むらからスイクン出てきてモンスターボールでゲットしてしまった時のような感覚。うれしいけど何に使うんだって感じ。
ほんと急だったせいで、勢いでマリオカートも買ってしまったけど、もう少しソフトは考えて買ってもよかったかもしれない。
まだ箱から出してないので、今から出してちょこっと遊んでから寝ようと思います。

残業

初めて残業時間が10時間を超えた。
世間的に見たら全然たいした時間じゃないと思うし、先輩社員の方はほぼほぼ毎日残業してるし、いつか自分も残業することが当たり前になるんだと思う。
だから定時で帰れる今を大切にしていきたい。

ハイエボを観ました

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューシュン1を観てきました。朝8時から。
アニメ版のエウレカセブンから12年くらい経つみたいで、なぜ今なのか謎でしたが、エウレカセブン好きとして観に行ってきた次第です。以下感想。

前評判で最初のサマーオブラブはすごかったと聞いていましたが、確かに今まで描かれてこなかった部分のシーンとか、戦闘シーンとかはすごくよかった。シルバーボックスとかいう謎兵器も「なんじゃこりゃ」って感じで、でもエウレカセブンぽい感じで受け入れられました。でも、そのあとのレントンの回想シーン?はアニメの使いまわしか感がすごくて、観ているときは「なぜこれ作ったんだ・・・」ってずごく思ってました。(大人の事情なのか!?)設定もアニメとは少し違っていて、そのせい違和感がすごくあって、ポケ虹みたいに一から作ればいいのでは?と今でも思っています。
そんなこんなな負の感想が観た後にはすごく溜まって帰宅したわけですが、パンフレットを読んで少し感想が変わりました。どうして今回はチャールズの養子設定だったのか、なぜ画面のサイズがテレビサイズだったのかが書いてあって、一応理解はしました。(理解はしたけど、受け入れられるとは言っていない)パンフレットの冒頭で、エウレカセブンは『「今何を描くべきなのか」を追求してできる作品だ』的なことが書いてあって、それが今回の設定とか演出に反映されているのはわかるわけですが、それでも自分としてはちゃんと過去のシーンを使いまわすのではなくて、一から作ってほしかったなと思います。なので、ハイエボ2でも過去シーン盛り盛りなら映画館で観ることはせず、DVD出るまで待つと思います。

再開します

気が付けば全然ブログ書いてなかった、、、

日々物忘れがひどくなってる自分の忘備録的な感じでしっかりと更新していきたい。
(何か残しておかないとどんどん忘れてしまうし、、、)


前回の更新から今日までに大学院を修了したり、就職したりといろいろあったけどそれについてはまた今度、忘れないうちに書こうと思う。


とりあえず、今日からまた再開します。